ライブチャット
ライブチャット DXライブ 無修正
小向美奈子 ダウンロード


ライブチャット契約条件について:

. ライブチャットは、本同意書およびライブチャットの運用規約の対象である登録利用者または認証ユーザ(以下「メンバー」または「貴殿」と呼ぶ)を対象に、インターネットを利用したビデオチャットサービスを提供する。サービス同意書の条件および運用規約は共に拘束力のある契約であり、まとめて「TOS」と称される。TOSは、ライブチャットとメンバー間の完全な了解事項を含み、かつ過去の書面または口頭による明示的または黙示的な全ての了解事項に優先する。また、関連サービスまたは第三者のコンテンツ、ソフトウェア、サービスを使用した場合、このメンバーは、法的拘束力を持つ他の条件と規約の対象になるケースもある。

B. ライブチャットは、TOSの変更を行うことが出来るが、変更に際しては明確に見える手段を用いて、公共に対する事前通知を行わなければならない。メンバーは、TOSを定期的に確認し、こうした変更に常に注意を払うこと。変更内容を承認できない場合には、下記の「退会」または条項9に基づいて、退会することが出来る。こうした変更の有効日以降にライブチャットを使用した場合、メンバーはTOSに対するこうした変更の全容を承認したものとみなされる。

アカウント情報

A. メンバーは本人が少なくとも18歳である(あるいはメンバーが居住する司法権において成人年齢に達している)ことを保証し、正確かつ完全な現住所情報を提供する。この責務を怠った場合、メンバーは、本同意書への違反ならびにライブチャットへの不法アクセスを行ったものとみなされ、アカウントの即時取り消しおよび民事・刑事責任の追及を免れない。ライブチャットより事前に書面での許可を取得している場合を除き、こうしたアカウントの強制削除後にアカウントの登録を行うことは出来ない。

B. メンバーはその登録に際し、パスワードおよびスクリーン名/チャットのハンドリングネームを選択すること。本人が利用している場合を除き、すでに登録されているスクリーン名を使用することは出来ない。また、第三者の所有権の侵害またはライブチャットが不適切または不快と感じる名前の使用も禁止する。すべてのスクリーン名はライブチャットの所有であり、こうした名前はメンバーに対しライセンス供与されているに過ぎない。また、迷惑メールの送信や迷惑メールへの情報提供など、TOSの違反またはライブチャットが不適切と感じるスクリーン名の使用・流用を禁止する。ライブチャットでは、こうしたスクリーン名の削除をすること、およびメンバーに削除を依頼することが出来る。

C. メンバーアカウントを利用したメンバーの活動は、すべてメンバーの責任とする。メンバーは、自分が監督している場合を除き、第三者に自らのアカウントを使用させてはならない。

D. ライブチャットのメンバーシップを強制削除されたメンバーは、ライブチャットからの書面(電子メールを含む)による許可がある場合を除き、ライブチャットにアクセスすることは出来ない。メンバーシップを強制削除された元メンバーやその他の人物に対し、メンバーは現在自分が持っているアカウントを使用させてはならない。再登録および複数アカウントの登録に関しては下記の条項9を参照のこと。

E. 退会:メンバーはメールアドレス user@ライブチャット.comに退会依頼のメールを送ることで、いつでも退会することが出来る。迅速かつ正確な退会手続きには、ライブチャットに対しスクリーン名ならびに登録時に使用したクレジットカード番号の提供が必要となる。

料金および請求

A. ライブチャットでは、基本の会員料金は徴収しないが、インターネットサービス会社(インターネットサービスプロバイダ)より市内または国際インターネットアクセスの料金を請求されることがある。ライブチャットではメンバー入会時に、アカウント情報の内容確認を目的に、メンバーのクレジットカードに対し1ドルを課金する(児童オンライン保護法および通信品位条例では、ライブチャットのようなオンラインパブリッシャーを対象に、ユーザが指定成人年齢に達していることを確認する書面証拠としてこうした手続きを義務付けている)。この名目課金の1ドルは、登録後、ユーザのライブチャットアカウントに入金され、ユーザが購入したプレミアムサービスの一部として使用することが出来る。請求に関する質問または使用状況の詳細を希望する場合にはuser@dxive.comまで、電子メールを送信すること。

B. ライブチャットがクレジットカード会社またはその代理店から、ライブチャットの利用料金を徴収できなかった場合、ユーザは、ライブチャットが要求する金額を全額支払うことに同意する。ユーザ指定のクレジットカードへの課金承認は初回のみに止まらず、メンバーがライブチャットにログインし、サービスを利用する度にその承認をしたものとみなされる。クレジットカード利用同意書は、ライブチャット使用における指定カードの使用を規定するものであり、カード所有者としての権利および責任はこのTOSではなく、当該のクレジットカード利用同意書を参照すること。またライブチャットでは、クレジットカード請求書作成期間中の利用金額を累計し、請求書作成期間中あるいはその締め日に、その合計額を請求することが出来る。このため、銀行またはカード会社からの請求書に、累計利用金額が表示される場合もあり、また、ライブチャットが累計利用金額を提出するまで、カード会社からの承認が遅延することもある。累計利用金額の詳細を知りたい場合には user@dxive.com まで電子メールを送信すること。

C. 請求書の日付から30日以内に請求額全額がライブチャットに支払われない場合には、メンバーの請求書に一月当たり10%(または法律で指定の最高利息のいずれか大きい値)が加算され、またその金額に対する支払い義務がただちに発生する。ライブチャットが未払い金額の徴収に費やした弁護士費用および手数料はメンバーが支払わなければならない。ライブチャットを退会する場合またはアカウントが強制削除された場合、メンバーは未払いの利用料金全額を支払わなければならない。メンバーが請求書受け取りから30日以内に請求金額に関する申し立てをしない限り、請求書の内容がメンバーのカード利用目的に合致しているとみなされる(カード発行会社による問い合わせを含む)。請求書の日付から30日以内にライブチャットに対し金額の相違・誤りの連絡がなかった場合、メンバーはライブチャットに対しいかなる責任も追及することは出来ない。

D. ライブチャット は、ライブチャット 、関連会社またはICPS(下記に詳細を定義)により提供されたオンラインエリア、コンテンツ、サービスへの追加料金や付属料金を含む、あらゆる手数料および請求方法をいつでも変更することが出来る。またライブチャットではその自由裁量の元、アカウント所持者に対してポップアップ広告、電子メールまたは一般郵便でこうした変更告知を行うことが出来る。こうした手数料をメンバーが了承しない場合、メンバーは退会することが出来る(下記条項10参照)。こうした変更の有効日以降にライブチャットを使用したメンバーは、その内容を了承したものとみなされる。

E. ライブチャットへの接続に関する全費用はメンバー負担である。メンバーは電話料金、インターネットサービスプロバイダからのアクセス料金等を含むインターネットアクセスに関連して発生する全ての手数料が100%メンバー自身の責任であることを理解・承諾する。メンバーの居住地および利用するインターネットサービスプロバイダにより、長距離電話料金またはその他通信追徴金が発生することがあるが、こうした料金も、全てメンバーの責任とする。累計利用金額の詳細は user@dxive.com まで電子メールを送信すること。

F.請求書の日付から30日以内に請求額全額がライブチャットに支払われない場合には、メンバーの請求書に一月当たり10%(または法律で指定の最高利息のいずれか大きい値)が加算され、またその金額に対する支払い義務がただちに発生する。ライブチャットが未払い金額の徴収に費やした弁護士費用および手数料はメンバーが支払わなければならない。ライブチャットを退会する場合またはアカウントが強制削除された場合、メンバーは未払いの利用料金全額を支払わなければならない。メンバーが請求書受け取りから30日以内に請求金額に関する申し立てをしない限り、請求書の内容がメンバーのカード利用目的に合致しているとみなされる(カード発行会社による問い合わせを含む)。請求書の日付から30日以内にライブチャットに対し金額の相違・誤りの連絡がなかった場合、メンバーはライブチャットに対しいかなる責任も追及することは出来ない。

G.ライブチャット は、ライブチャット 、関連会社またはICPS(下記に詳細を定義)により提供されたオンラインエリア、コンテンツ、サービスへの追加料金や付属料金を含む、あらゆる手数料および請求方法をいつでも変更することが出来る。またライブチャットではその自由裁量の元、アカウント所持者に対してポップアップ広告、電子メールまたは一般郵便でこうした変更告知を行うことが出来る。こうした手数料をメンバーが了承しない場合、メンバーは退会することが出来る(下記条項10参照)。こうした変更の有効日以降にライブチャットを使用したメンバーは、その内容を了承したものとみなされる。

H.ライブチャットへの接続に関する全費用はメンバー負担である。メンバーは電話料金、インターネットサービスプロバイダからのアクセス料金等を含むインターネットアクセスに関連して発生する全ての手数料が100%メンバー自身の責任であることを理解・承諾する。メンバーの居住地および利用するインターネットサービスプロバイダにより、長距離電話料金またはその他通信追徴金が発生することがあるが、こうした料金も、全てメンバーの責任とする。累計利用金額の詳細は、user@ライブチャット.com まで電子メールを送信すること。

権利と責任

A コンテンツについて
メンバーは、(i) ライブチャットに情報、通信、ソフトウェア、写真、ビデオ、グラフィックス、音楽、音声その他マテリアルおよびサービス(総称して「コンテンツ」と呼ぶ)が含まれていること、(ii) こうした「コンテンツ」が独立系コンテンツプロバイダ(ICP)、他メンバー、およびその関連会社によるライセンスの元提供されていること、(iii) ライブチャットがこうした「コンテンツ」の選択、コーディネート、手配、拡張における著作権を有することを理解する。 各メンバーおよびメンバーアカウントを利用する個人は、「コンテンツ」の正確性、完全性または使用性に関連する危険性を判断し、またその危険について自ら責任を負わなければならない。ライブチャットの方針として、「コンテンツ」の事前選別は行わない。しかし、ライブチャット、その関連会社およびICPは、有害な「コンテンツ」または侮辱的あるいはTOS違反となる「コンテンツ」を削除することが出来る(しかし、こうしたコンテンツの削除に責任を負うものではない)。

B. 所有権
メンバーは、(i) ライブチャットによる「コンテンツ」へのアクセス許可は、著作権、登録商標、その他の知的所有権(総称して「権利」と呼ぶ)により保護されていること、(ii) こうした「権利」は現在および今後開発されるあらゆるメディアおよびテクノロジーにおいても、保護され有効とされること、(iii) 明確に定義されている場合を除き、メンバーによる「コンテンツ」の使用方法はTOSおよび該当する著作権その他の法規により管理されること(詳細は条項Dを参照のこと)を認識する。ソフトウェアファイルや掲示板等を利用して、ライブチャットで送信することが出来るのは、(1) いかなる「権利」をも侵さないもの、または (2)「権利」所有者が ライブチャットでの送信に関し明確な承認を与えたものに限定する。メンバーがライブチャットにファイルをアップロードした場合には、こうしたアップロードを行う法的許可を得て行ったものとみなされる。メンバーは、システムおよびメンバーをウィルスから保護するため、ライブチャットによるウィルスチェック技術の配置に同意する。ライブチャットの公共エリア(掲示板、フォーラム、メンバー・ディレクトリなど)に「コンテンツ」を提供した場合、メンバーはライブチャットおよびその関連会社に対し、当該コンテンツの使用、複製、修正、改作、パブリッシュ、翻訳、派生著作物の作成および/または、既存のまたは将来開発されるあらゆる形式、メディア、技術と「コンテンツ」とを組み合わせて利用する権利に関し、永久的で解約不可の非独占的権利(著作者人格権を含む)およびライセンスを使用料なしで利用することに同意したことになる。また、ライブチャットおよびその関連会社は、こうした権利が存続する限り、この非独占的権利およびライセンスを使用することが出来る。メンバーは、こうしたコンテンツにおける著作者人格権を含むあらゆる「権利」の保有者がこうした「権利」の全てをメンバーに譲渡したこと、また上記に示されたライセンスを与える権利が有効かつ絶対的にメンバーに与えられていることを保証する。また、メンバーは他のメンバーおよび承認済みユーザに対し、個人的使用を目的にこうした「コンテンツ」へのアクセス、表示、保存、複製を許可する。前述の内容に従い、ライブチャットの「コンテンツ」オーナーは、こうした「コンテンツ」内に存在する全ての権利を、ライブチャットに対し与える。

C. 利用および通信に関して メンバーは、未成年にふさわしくない内容がライブチャットに含まれていること、ライブチャットにおける通信がリアルタイムであること、またその内容がライブチャットの掲示板やチャットルームに表示されることを理解する。ライブチャットはTOSおよびその他の法律に対する正確性または適合性の確認を目的に事前に通信内容を審査することは出来ず、またその意図も持たない。しかしながら、ライブチャットはその自由裁量で、TOS の遵守を確認するため、ライブチャットのパブリックエリアを監視することが出来る。またメンバーは、ライブチャット、その関連会社またはICPがライブチャットによる行動または行動を起こさないことに対して推論したり、その責任を追及することは出来ない。他のメンバーや個人、団体によるライブチャットやその他サービスの快適利用を阻止する行動を取ったメンバーは、ライブチャットの自由裁量で、事前通知なしに即刻退会処分となる。メンバーは、ライブチャットを合法的な目的のためだけに使用することに同意し、直接・非直接を問わず、(1) 不法、有害、脅迫的、虐待的、嫌がらせ、抽象的、わいせつ、不愉快な内容、および人種差別的あるいは倫理的に好ましくない内容を掲示、送信、または助長すること、(2) 他のメンバーやライブチャットのユーザまたはその他の個人や団体を中傷、脅迫したりすること、恥辱を与えること、またストレスを与えたり、不要な注目や不快感を与えること、(3) 獣姦、放尿、フィスティング、近親相姦、性的内容の極端なサド・マゾあるいはボンテージ、未成年による愛撫またはセックス、その他一般的にわいせつと考えられる内容のコンテンツを掲示、送信、助長すること、 (4) ライブチャットルームでの円滑な活動を妨げること、または他のメンバー、ユーザ、個人、団体に対し悪影響を与えるような行為(他のメンバーやユーザがタイプできないように通常よりも速いスピードでスクリーンをスクロールするなどの破壊的行為など)をすること、(5) ライブチャット担当者やICP、フォーラムのリーダー、ガイド、ホストなど自分以外の個人、団体を騙ること、不正な氏名や自分が利用する権利・許可を得ていない氏名を利用して通信を行うこと、あるいは未成年者の振りをすること、(6) チェーンレター(幸福の手紙など)やねずみ講あるいはその原因となるものを掲示・送信すること、(7) 未承諾広告、宣伝、その他、他のメンバー、個人、および団体に対する勧誘事項を掲示・送信すること(メーリングリストから氏名の削除を行っていない旧メンバーに対してライブチャット寄付者から送信されるイベント案内情報案内はこの限りではない)、または許可なく他のメンバーのスクリーン名を取得すること、 (8) メンバーからパスワード、アカウントその他個人の金融情報を入手する目的で通信・勧誘を行う内容を掲示・送信すること、またその原因となる行為、(9) 意図的・非意図的を問わず、当該の地域法、州法、国法、国際法および海外の法律やその法律施行に必要な法規・規定に違反する行為に、ライブチャットのアカウントを使用してはならない。上記以外の禁止利用事項の例に関しては、規約を参照すること。ライブチャットでは、不愉快な電子メール通信等からメンバーおよびライブチャットを保護する権利を有し、迷惑メールを阻止することが出来る。メンバーは、ライブチャットで利用可能となった新製品に関し、こうした製品がTOSの管理対象であることを理解・承認する。また、ICP、ライブチャットとその関連会社、その他が提供する「コンテンツ」およびサービスが、独自の利用条件と規約の元に、「コンテンツ」やソフトウェアその他のサービスをメンバーに対し提供することもある。こうした利用条件や規約に対する違反は、退会処分となる場合もある。また、インターネットエリアなどを含む他のネットワークに関しては、各ネットワークの使用規約に従うこと。

プライバシー規約

A. はじめに
i. この項目には、ライブチャットの包括的プライバシー規約に関する重要な情報が記されている。メンバーのプライバシーを保護するのは、ライブチャットにとって非常に重要である。このため、ライブチャットではメンバーの個人情報を保護するプライバシー規約を設置し、その機密性を守るために全力を尽くす。ライブチャットは個人情報(下記にその内容を定義)の収集および使用を当社事業の運営に必要な範囲に限定し、その範囲で最高品質のサービスを提供する。ライブチャットは、召喚状による指令またはクレジットカードの請求確認のための銀行への個人情報への提供を除き、個人情報を非開示とする。ライブチャットでは、業界関係者およびコミュニティと協力し、インタラクティブ環境における強力かつ効率的なプライバシー規約のガイドライン設定および実施を積極的に行う。
ii. 個人情報の種類について−個人情報とは、ライブチャットのメンバーシップ、ライブチャットの使用状況、およびメンバー個人またはメンバーアカウントに関する全ての情報、データ、記録を指して言う。個人情報には(1) 名前や住所、電話番号、請求情報、アカウントと関連するスクリーン名などの「個人確認・請求情報」、(2) ライブチャットにの利用状況や購入情報などの「利用・購入情報」、(3) 電子メールの内容またはプライベートライブチャットルームの通信に関する「個人通信情報」の3種類がある。

B. メンバーの身分証明および請求情報
i. 情報の収集と保存−メンバーの身分証明および請求情報に関して、ライブチャットではメンバーの氏名、住所、電話番号、メンバーシップ保有期間、支払い情報、およびライブチャットのカスタマーサービスやチャットホストとの通信内容、一般的なアカウントの履歴情報(累積利用金額、アカウントに関する問い合わせ)に関する情報を保持する。ライブチャットでは、不法アクセスから個人情報を保護する。このため、メンバーの個人情報を見ることが出来るのは、合法的な事業運営のために、当該情報へのアクセスを許可された一部の従業員または代理人に限定される。ライブチャットのプライバシー規約に違反した従業員は解雇を含む懲戒処分の対象となる。ライブチャットでは、利用する代理業者に対して厳しい守秘義務に関するガイドラインを設置し、ストレージやプロセッシングその他一部の限られた機能に関してのみ、作業を依頼する。
ii情報の使用について−ライブチャットでは、当社業務の運用のためにのみ、決済フォーム登録書を基に、サイトに関する情報(プロモーションなど)についての案内メールの提供を約束する。また配信停止の申し込みも可能とする。
iii. 情報開示−ライブチャットでは、メンバーの電話番号、クレジットカード番号、銀行口座番号(または利用情報、購入情報、または個人の通信内容の情報等を含む他の個人情報など)を非開示とする。ライブチャットの規約では、召喚状等、ライブチャットに対して法律または法的手段で要求された場合を除き、メンバーのスクリーン名と実名に関係する情報を公開することはない。ライブチャットでは爆弾予告、自殺予告、その他非合法活動などの非常事態が発生した場合、その自由裁量により、ケースバイケースで、この規約に例外を設置する権利を有する。可能な場合、ライブチャットではメンバーによる自身の身分証明・請求書へのアクセスおよび内容確認を許可すると共に、修正要請があった場合にはそれに応える。ライブチャットは当該法規にのっとり、個人情報その他の記録を政府関係団体に開示することがある。一般市民または団体に対し、個人情報開示の法的責任が発生した場合には、この開示の影響を受けるメンバーに対し事前に情報開示の事実を知らせ、メンバーが適当な法的手段に訴える機会を与えるものとする。
iv. 強制責任−ライブチャットはメンバーの情報またはメンバーの通信内容を非開示とすることを基本的措置としている。しかし、(a) 法律遵守、(b) 法的手段への準拠、(c) 本利用規約および条件の遵守、(d) 第三者の権利を侵害するコンテンツに関する指摘・苦情への対応、または(e) ライブチャットおよびその他の利益保護を目的に、信義誠実の原則に基づいて情報開示の必要に迫られた場合、情報を開示することがある。

C. 利用・購入情報
i. 情報の収集−ライブチャットでは、メンバーの利用サービスならびに利用回数、利用方法などメンバーの利用・購入情報を収集・保存することが出来る。
ii. 情報の使用について−ライブチャットでは、ライブチャットに関する情報の個人化、プログラミング、編集リサーチ等の目的で利用・購入情報を使用する。たとえば、ライブチャットを介して提供されたメニューアイテムやコンテンツ、サービスに対するメンバーの反応を理解するため、またメンバーの利益を考慮してライブチャットをカスタマイズするために、こうした情報を利用する。
iii. 情報開示−ライブチャットは、ライブチャットに対して法律または法的手段で要求された場合(捜査令状、裁判所命令、犯罪捜査に関する当局への協力等)を除き、第三者に対して利用・購入情報(メンバーによるライブチャットの閲覧情報など)を非開示とする。

D. 個人通信情報
i. 情報の収集と保存−ライブチャットのコンピュータシステムは、ライブ

ライブチャットルームにおける通信内容の全てを記録・保存することはしない。さらに、メンバーはいかなる通信の記録及び保存または印刷も全て禁止である事を理解及び同意する。またメンバーは、ウィルスからシステムやメンバーを保護するため、ライブチャットが電子メールのウィルスチェック技術を使用することに同意する。
ii. 情報の使用について−ライブチャットはライブチャットにおける個人通信の内容に関し、高い守秘性を維持する。下記に記されたような一定の状況を除き、ライブチャットでは個人通信へのアクセス、使用、その開示を行うことはない。メンバーは、ライブチャットを含む個人または団体に宛てられた個人通信が、プライバシーおよび守秘性の制限なく受取人によって使用・開示される可能性があることを理解しなければならない。
iii. 情報開示−ライブチャット は個人通信(電子メール、メンバーが作成したプライベートルーム、オンライン通信等)のコンテンツへのアクセスおよびその開示を行わない。しかし、信義誠実の原則に基づいて (1) 法律遵守、(2) ライブチャットの権利および所有物の保護、(3) ライブチャットがその物理的安全性が危険にさらされていると判断した緊急事態等、情報開示の必要に迫られた場合、それを行うことがある。ライブチャットは、ディレクトリやルーム名が公開されているチャットまたは周知および一般による使用が可能になっている公のライブチャットルームを、公開可能情報として取り扱う権利を有する。

ライブチャット ソフトウェアライセンス−ライブチャットは、本同意書に従って認証された場所から、ライブチャットソフト(メンバーがライブチャット宛にメンバーの動画信号を送信するもの)を使用することに関し、非独占的な制限付ライセンスを供与する。法律で明記されている場合を除き、メンバーはライブチャット ソフトウェアの翻訳、リバースエンジニアリング、リバースコンパイル、デコンパイル、分解、派生品の作成をしてはならない。またライブチャット ソフトウェアを修正したり、規約で認証されていない方法で使用してはならない。メンバーは、ライブチャットにおける各種技術が、全てのプラットフォームで同じように利用できない事実を理解・承認すること(例マッキントッシュなど)。

保証−メンバーは、100%メンバーの責任の元にライブチャットおよびライブチャット ソフトウェアの使用が行われることを、ここにはっきりと認める。ライブチャット、ライブチャット ソフトウェア、およびライブチャット 製品は、メンバーの個人的使用を目的に「現状」および「限定供給」の形で提供されるものであり、法的な除外措置がある場合を除いては、いかなる保証の対象でもない。ライブチャットは事業運営における道理的理念を元にそのサービスを提供し、メンバーが選択した時間または場所でのサービスへのアクセス、またサービス全体および一部の製品に関し、十分な需要能力を提供する。メンバーのライブチャット、ライブチャット ソフトウェア、インターネット使用に対する、ライブチャットの全責任およびその独占的救済の範囲は、不具合のあったライブチャット ソフトウェアの交換に止まる。州または法的管轄地によっては、間接的・付随的損害に対する責任の免責・制限事項が存在しないため、こうした州または法的管轄地でのライブチャットの責任は、法律で定められた範囲とする。ライブチャットは、ライブチャットを介して提供されたいかなる製品またはサービスに関しても、他における明確な提示がない限りいかなる保証や承認も行わず、またメンバーとサービスまたは製品の提供者である第三者間のやり取りについて関与したり、その内容を監視することは一切しない。

免責−メンバーはライブチャットおよびその関連会社、従業員、契約業者、幹部職員、取締役、テレコミュニケーション・プロバイダー、ICPをあらゆる責任、苦情、費用から免責することに合意する(ライブチャットおよびインターネット、またはメンバーアカウントを介したコンテンツの送信およびそれに関連するTOSの利用違反により発生する弁護士費用を含む)。ライブチャットは、免責事項に関する案件に関し、自費で自らを守る権利を有する。

退会

A. メンバーおよびライブチャットのいずれも、メンバーシップの取り消しを随時行うことが出来る。(1) ライブチャットの運用に関するライブチャットのTOS規約、条件、実施内容、(2) ライブチャットで提供されるコンテンツやその変更、(3) 手数料、課徴金、請求方法、請求内容等に対し不満がある場合、メンバーは独断でメンバーシップを取り消すことが出来る。退会を希望する際は、ライブチャットのカスタマーサービスの電子メールにて正当な方法で、その旨を通達すること(user@dxive.com)。速やかな退会手続きのためには、ライブチャットのアカウント開設時に利用したスクリーン名、クレジットカード番号の提供が求められる。ライブチャットがこうした情報を受け取った時点で、メンバーは直ちに退会扱いとなる。
B. 退会またはメンバーシップの強制削除処分を受けた場合にも、返金は一切されない(手数料の返金もない)。また、オンライン使用時間の相殺やクレジットカードへの返金、購入ポイント現金への変換等、いかなる形態での返金も行われない。ライブチャットのメンバーは、旧メンバー、またはそのアカウントが強制削除された個人に対して、自分のアカウントを使用させてはならない。支払い滞納または未払いのアカウントを持つ場合、またはカスタマーサービスやライブチャットの関連部署と未解決の問題がある場合、まずこうした問題を解決しなければ、ライブチャットへの再登録は許可されない。ライブチャットから事前に書面による明確な了承を得ることなく複数口座を開設したメンバーは、退会処分の対象となる。
.会員はファンクラブからいつでも退会する事が出来、ICPもファンクラブウェッブサイトによる5日間の事前通知を行えば、ファンクラブををいつでも中止する事が出来る。その際は支払いされたファンクラブ会費の返金は一切無い事に会員は承知し、それに同意する。尚、ICPはファンクラブウェッブサイトの内容を変更することがいつでも出来る。その際においても、返金は一切ない。ライブチャット及びDXLIVE関連会社はICPファンクラブの中止、またはファンクラブウェッブサイトの内容変更等に対しては一切責任が無い事に会員は承知し、またそれに同意する。

法律

A. 本同意書と規約の記載に相違があった場合には、本同意書の内容が優先される。TOSまたはその一部が無効あるいは強制不能とみなされた場合には、その内容は当事者が元来意図した内容に出来るだけ近い状況を反映する該当法に順ずるものとし、また問題があった部分以外のTOSは、全て有効とする。TOSおよびメンバーシップに関しては、カリフォルニア州法の管理下となる。前述したように、メンバーの行動は該当する地域法、州法、国法の管理の対象となる。メンバーは、いかなる苦情・紛争に関しても、その専属管轄権がカリフォルニア州の法廷にあること、また、ライブチャットに関する苦情・紛争に関し、カリフォルニア州の人的裁判管轄権が実施されることに同意する。
B. メンバーは、アメリカおよびその他の当該輸出管理法に従い、電子転送その他のいかんを問わず、政府からの承認を取得、またその内容に準拠することなしに、こうした法律で禁止されている国へのコンテンツまたはソフトウェア送信、および制限事項とされているコンテンツまたはソフトウェアの送信をしてはならない。また、政府組織からの事前の書面許可を得ることなしに、データまたはソフトウェアをライブチャットにアップロードすることを禁止する(暗号用ソフトも含む)。この保証内容に関しては、本同意書が終了するまで、有効とする。輸出管理法では、また、キューバ、イラン、イラク、リビア、北朝鮮、スーダン、シリアからのライブチャットコンテンツへのアクセスを禁止している。

法廷通知−カリフォルニア州民法典第1789.3項において、カリフォルニア州民には下記の消費者権利情報を得る権利が与えられている(他州の州民が、下記法規に該当する場合もある)。
A 価格情報−ライブチャットでは、基本の会員料金は徴収しないが、インターネットサービス会社(インターネットサービスプロバイダ)より市内または国際インターネットアクセスの料金を請求されることがある。また、ビデオチャット・ホストには、自分のビデオチャットへの制限付アクセスに関し、条件および価格の設定を行い、手数料を徴収するケースもある。さらにライブチャットの入会時に、アカウント情報の真正確認を目的に、メンバーのクレジットカードに対し1ドルを課金する(児童オンライン保護法および通信品位条例では、ライブチャットのようなオンラインパブリッシャーを対象に、ユーザが指定成人年齢に達していることを確認する書面証拠としてこうした手続きを義務付けている)。この名目課金の1ドルは、登録後、ユーザのライブチャットアカウントに入金され、ユーザが購入したプレミアムサービスの一部として使用することが出来る。ライブビデオチャットの料金は分単位で請求され、これに加え、メンバーが自由意志で支払うボーナス料金が発生する(分単位の価格は、60秒単位で計算される)。請求に関する質問または使用状況の詳細を希望する場合には user@dxlive.com まで、電子メールを送信すること。ライブチャット は、ライブチャットウェブサイトの公共エリアに書面での事前通知を行うことにより、追加・付属料金の変更および新しい手数料の設定を自由に行うことが出来る(サービス規約の第3項参照)。
B. 苦情−対消費者活動局消費者サービス部苦情援助ユニットの連絡先:1020 N. Street, #501, Sacramento, CA 95814。電話番号1-916-445-1254。



Online Virus checkの注意事項:

オンラインウィルスチェックのススメ。この際とはウィルスフリーで安心して御覧になれますが、もし不安な方は、是非ウィルスチェックをする事をお勧めいたします。【 ウィルスバスターオンラインスキャン 】 ウィルス対策ソフトを導入されていない方向けに、ウィルスチェックを行ってくれます。ウイルスバスターオンラインスキャンは、ActiveXコントロールを利用してウイルスを検出するツールです。ウイルスの駆除、削除はおこなえません。 感染ファイルの駆除、削除をおこなうには弊社製品ウイルスバスターをご利用ください。各オンラインスキャンでは ActiveXコントロールを使用しているため,実行するにはブラウザ 「Internet Explorer4.01」 以上のバージョンのWWWブラウザを推奨いたします。 ご存知のように一度感染してしまうと後が大変です。インターネットをご利用になる方は、事前にそういったトラブルを防ぐことをお勧めします。



ライブチャット パフォーマー出身地別のリンク

北海道青森秋田宮城東京長野岐阜愛知京都大阪
三重和歌山高知香川岡山広島山口福岡宮崎沖縄


ライブチャット




このライブチャットのサイトにはアダルトコンテンツが含まれています。
18歳未満の方はリンクされるすべてのページにアクセスすることができません。
私は18歳未満なのでライブチャットを退出する。


当ライブチャットサイトに掲載されているコンテンツは成人を対象としています。18歳未満の方はライブチャットをご遠慮下さい。
Copyright (C) ライブチャット vchatda.com All Rights Reserved.